オゾンについて

フッ素に次ぐ強力な酸化能力で菌を分解

オゾン(O3)は、3つの酸素原子から成る気体物質のことで、上空を漂う酸素分子(O2)が、紫外線により分解されて酸素原子(O)になり、他の酸素分子と結合することでオゾン(O3)が形成されます。オゾンには酸素に戻ろうとする性質があり、放出された酸素原子(O)は、 ニオイ物質と融合し強力な酸化能力で、悪臭物質や有害な細菌を分解することで協力な脱臭効果や除菌などさまざまな効果を発揮します。オゾンは時間が経過すると酸素にもどるので、残留毒性がなく環境にもやさしいクリーンな物質です。

オゾンとは

3つの酸素原子で構成されるオゾンは酸素に戻ろうとする性質があり、オゾンから放出された酸素原子は周囲の
いろいろな物質と酸化反応を起こします。悪臭物質や有害な細菌と反応することで脱臭や除菌などの効果が得られるのです。

オゾンが持つ5つの効果

オゾンの効果は、1つめは「脱臭」、臭いの元に直接オゾン水を使うことで、大きな脱臭効果があります。2つめは、「除菌」オゾン水により短時間で除菌し、長時間腐敗を抑えます。3つ目は、「浮遊菌の除菌」オゾンエアーにより作業所内の空中浮遊菌を除菌し脱臭もします。4つめは、「カビ・ヌメリ取り」オゾン水により、カビの菌を除菌しカビ取り、ヌメリ取りが簡単にできます。5つ目は「害虫忌避」オゾン水とオゾンエアーを充分に使うことにより、害虫が寄りにくい清潔な環境をつくります。


科学的に証明されたオゾンの除菌効果

オゾンによる除菌の仕組み
除菌のメカニズムは、塩素の場合、細菌の細胞表層(壁と膜)を素通りし細胞内の酵素のみを破壊することで除菌するのに対し、オゾンは分解時に発生する酸素(0)の強力な酸化作用によって細菌の細胞壁を直接損傷·破壊·分解し、細胞内成分 が溶け出すことで死滅させ除菌します。そのため除菌速度が速く、また耐性菌も出来にくいとされています。インフルエンザウィルス、ノロウィルス、サルモネラ菌、病原性大腸菌(O157を含む)、ブドウ球菌などに有効的です。



科学的に証明されたオゾン水による脱臭効果

オゾンの試験条件【当社調べ】
1.魚肉の搾り汁をシャーレ上に置き、60℃の容器内で放置し、腐敗臭を作った。
2.腐敗臭を発するシャーレを、水道水で2回すすぎ洗い、洗浄後のシャーレを再び60℃の容器内で放置し、細菌数と臭気強度の変化を測定した。
3.同様にして、腐敗臭を発するシャーレを、オゾン水ですすぎ洗い、洗浄後のシャーレを60℃の容器内で放置し、細菌数と臭気強度の変化を測定し、両者を比較した。
【効果】
1.オゾンは水道水に比べて除菌力が高い。
2.オゾン水で除菌するため、増殖が抑えられ脱臭効果が長続きする。



オゾン水の高い手指除菌効果実証!

オゾン水は手指の除菌においても高い除菌効果を実証しています。
【手指検査】株式会社ビー・エム・エル リサーチセンター調べ・平成12年2月

科学的に証明されたオゾンの除菌効果

オゾンによる除菌の仕組み
除菌のメカニズムは、塩素の場合、細菌の細胞表層(壁と膜)を素通りし細胞内の酵素のみを破壊することで除菌するのに対し、オゾンは分解時に発生する酸素(0)の強力な酸化作用によって細菌の細胞壁を直接損傷·破壊·分解し、細胞内成分 が溶け出すことで死滅させ除菌します。そのため除菌速度が速く、また耐性菌も出来にくいとされています。インフルエンザウィルス、ノロウィルス、サルモネラ菌、病原性大腸菌(O157を含む)、ブドウ球菌などに有効的です。



オゾン水の動物安全性確認結果

マウスやハムスターにより、オゾン水を「飲んだ場合」「うがいをした場合」「傷口にふれた場合」「手洗いした場合」を想定した試験を実施しました。目や皮膚への影響はすべて問題なしでした。*人体についての飲料試験は実施しておりませんので、オゾン水を飲んだりしないでください。

オゾンによるウィルス対策のご相談にお答えします!

お問い合わせは下記のフォームへご記入の上、「送信する」ボタンをクリック願います。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信する
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
宮城県仙台市泉区市名坂字楢町201-11
お電話でのお問い合わせは
080-3351-4323
(担当 木村 孝)
受付時間 9:00〜18:00(土日も営業)